プロフィール

小林真人 (作曲家・ピアニスト)

 

桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。山梨市観光大使。山梨県立県民文化ホール アーティスティック・アドバイザー。国立音楽大学応用演奏学科卒業後、プラネタリウム番組4番組の音楽制作を担当。小学校2校の校歌を作詞作曲、山梨市民歌作曲、歌謡曲・ヒットソングの合唱アレンジや、管楽器ソロのためのピアノ伴奏用編曲楽譜が出版される等、様々なジャンルにおいて作編曲活動を行っている。オリジナル作品のCDを10枚リリース。ソリストとして、また、コーラスグループ「サーカス」などのサポートピアニストとしても活動し、これまでに国内だけでなく、イタリア、韓国、台湾、中国など、海外でも公演を行っている。2011年、作詞・作曲した合唱曲「明日を信じて」「You Can Fly!」が教育出版発行の小中学校音楽の教科書に採用された。それをきっかけに、全国各地の小中学校に招かれ、芸術鑑賞会だけでも年間100回以上の公演を行っており、その様子は新聞、テレビ、ラジオ等で度々取り上げられている。また、打楽器とピアノのアンサンブルユニット「フラワービート」のピアニスト、作曲家、共同代表。